石川県で喪服レンタルをするメリットとデメリット すぐに必要になったらどうしたらよい?

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

石川県は兼六園や金沢城など昔ながらの庭園や建物などが有名で情緒にあふれています。そしてそこに訪れる人もその情緒を感じてか着物を着て訪れる人がたくさんいます。着物文化がしっかりと根付いているので、石川県内では着物店も多数見られます。

そんななか、最近増えているのが着物のレンタル店です。着物は常に来ているという人は少なく、たまに切るという人がほとんどです。そのため、着物をレンタルで済ませてしまおうという人が多いのでそのニーズに合わせて着物レンタルが多いのです。

さらに着物レンタルをしてくれるところも最近は細分化されていて、石川県内では普通の着物レンタルだけではなくて喪服をレンタルできるところも増えてきているんです。喪服もいつも着るものではないので、ニーズがとても高くとても人気があります。

そんな石川県でまだ喪服レンタルを利用したことがないという人も多いでしょうが、気になるという人もいるはずです。そんな方のために石川県で喪服レンタルをするメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

石川県で喪服レンタルをするメリットとは

石川県で喪服レンタルをするメリットは、喪服をフルセットでそろえる必要がないので費用を抑えることができることです。喪服や靴、小物などを一式そろえるとなったら5~10万円くらいかかってしまうのが普通です。一式持っておいたほうが安心できるとはいえ、費用的には大変という人もいると思います。

ところが石川県で喪服レンタルを利用すれば5000円前後で喪服など一式をレンタルできてしまうのです。格段に費用を抑えられるのは間違いありません。しかもいちいちクリーニングに出す必要もありませんからクリーニング費用も抑えられるのです。

そうはいっても、喪服は一生使うものだから一式持っておいたほうが良いという人もいると思います。確かに一式持っておいたほうが良いのは間違いないのですが、礼服を綺麗な状態で保管しておくというのは結構大変です。喪服の虫食いや色落ち、靴のカビ、シャツの黄ばみなどが出てしまう場合もあるんです。

さらには体形が変化してしまって着れなくなってしまうということもあるはずです。そうなってしまったらまた新しい着物を購入しなければならないということになって余計にお金がかかってしまうということも出てくるわけです。

石川県で喪服をレンタルすればこのような心配は一切ありません。喪服をピカピカの状態で常に用意していますし、体形に合わせて喪服を借りればいいだけです。その時々に対応できるので、その場に合わせた最新の喪服をレンタルできるのです。

石川県で喪服をレンタルするデメリットとは

石川県で喪服をレンタルする1番のデメリットとしては、あまりにも突然に喪服が必要となってしまった場合に喪服レンタル店では借りられない場合が出てきてしまうということです。石川県の喪服レンタルで喪服をレンタルできるのはレンタル店の営業時間内に連絡を入れた場合です。即日対応もしてくれるところも増えていますが、営業時間外は無理になります。

つまり、営業時間を過ぎた後に急な訃報が飛び込んできて喪服がすぐに必要となった場合、石川県の喪服レンタルでは対応できないということです。いずれ24時間営業の喪服レンタル店が出てきてもおかしくはないですが、現状では見当たらないので注意が必要です。

次に、石川県の喪服レンタルのデメリットとしては何度も喪服を着なければならないという人にとっては割高になってしまう可能性があるということです。石川県の喪服レンタルのメリットはお金がかからずリーズナブルであるという説明をしましたが、1年間で何度も利用するということになった場合は逆に喪服レンタルを利用したほうがお金がかかってしまうということも出てくる可能性もあるのです。

そのほかでは、喪服レンタルはレンタルですから絶対に自分のものにはならないということがあります。気に入ったものでも購入できませんし、ほかの方が借りていたら借りることができなくなります。あとは、返却するときにレンタルした喪服が破れていたりひどい汚れが出てしまっていたりすると買取りになってしまう場合もあります。

まとめ

石川県で喪服を購入しようかレンタルしようか迷っているという人もいるかもしれません。昔なら一式は持っておくのは常識ではありました。でも、今の時代はレンタルができて大変便利な時代になっています。

訃報は急に訪れることがありますが、たいていは1日置いたり数日おいてから喪服が必要となる場合がほとんどです。つまり喪服レンタルで十分と言えます。心配という人は一式持っておくほうが安心ではありますが、喪服レンタルのほうが便利に使えるということは覚えておくとよいかもしれません。

いずれにしても購入するにもレンタルするにもメリットとデメリットがありますので、それらを踏まえたうえで賢く利用してみてください。

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする