急な訃報でも大丈夫!栃木県内でレンタル喪服扱っているお店は?

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

急な訃報は悲しみを与えるだけでなく、時に慌ただしさも発生させます。その慌ただしさとは「喪服」です。喪服は普段から着用する機会があまりないこともあり、一度着用するごとにクリーニングに出す場合がほとんどです。

クリーニングから戻ってきていない状態で、急な訃報を受けるとお葬式に着ていく喪服が用意できない可能性が高くなります。そんな時に便利なのが、「レンタル喪服」です。

今回は、栃木県内でレンタル喪服を扱っているお店をいくつかピックアップして紹介していきます。急な訃報時のマナーについても少し触れていきますので、合わせてお読みください。

急な訃報時のマナーとは?

急な訃報時は電話やメール、電報などで知らされる場合がほとんどです。そこで注意したいのが、急な訃報を受け取ったときの作法です。最もしてはいけないことは、電話口で取り乱すことです。

死因や死亡時の様子などを細かく聞くようなことは絶対にしてはいけません。残された家族の気持ちもあります。まずは心を落ち着けてお悔やみの言葉を告げるのが先決です。

次に聞くべきことは、葬儀やお通夜の日程を確認します。その時には喪主が誰になるのかも確認しましょう。弔電などを送る場合に必要です。

式典の宗教礼式も確認しておきましょう。仏教であれば、宗派によって細かい作法が違いますし、キリスト教でも宗派によって作法が変わってきます。香典の書き方にも影響するため、必ず聞いておきましょう。

亡くなった方のご家族と懇意にしているようであれば、何か手伝えることがないか尋ねてもいいでしょう。仕事の都合がつく範囲でお手伝いするのは、残された家族も喜ぶことでしょう。

急な訃報時の服装のマナーとは?

訃報を受けてすぐに故人の自宅に赴いて偲ぶことを「弔問」といいます。

基本的に弔問は「平服」です。この時に喪服を着用しては、事前に訃報を予期していたとされ、マナー違反に当たります。また、平服だからと言って、普段つけているアクセサリーなども許されているわけではありません。外すか、隠すかしましょう。結婚指輪以外のアクセサリーはなるべく付けないようにしましょう。

お通夜も同様で、親族などは喪服で出席しますが、参列する側は「略礼服」と呼ばれる喪服ではないダークスーツでの参列が許されています。お通夜には、「取り急ぎ参列して弔意を述べる」ことを目的としているため、略礼式の喪服、つまりダークスーツでの出席が可能です。

お葬式や告別式は喪服で出席します。神聖な儀式ですので、喪服が調達できなかったから略礼服で出席するということはできません。マナー違反です。

栃木県内のレンタル喪服店をご紹介

ここからは、栃木県内にあるレンタル喪服のお店をいくつかご紹介します。

宇都宮市で喪服をレンタルできるお店

【ウェディングドレスabito】
慶弔事や、七五三など幅広く貸衣装を手掛けている写真スタジオ兼貸衣装店です。喪服の取り扱いは、男性は洋装が税別10,000円、女性は和装がサイズ別に12,000円から、洋装はサイズ別に8,000円から取り扱っています。着付けもしてくれるので、そのままお店で着替えができます。

連絡先:【TEL】028-655-0975【住所】栃木県宇都宮市兵庫塚3-1-1 【営業時間】平日 9:00〜18:00 土日祝 9:00〜19:00【定休日】毎週火曜日

鹿沼市で喪服をレンタルできるお店

【有限会社京屋】
着物のお店でレンタルも行っています。喪服は種類やサイズ別に豊富な品揃えがあります。ただし女性用の喪服のみの取り扱いのようです。
連絡先:【TEL】0289-64-1777【住所】栃木県鹿沼市銀座1-1875【営業時間】10:00~18:00【定休日】毎週火曜※不定休あり

喪服レンタル店で用意できなかったら?

喪服のレンタル店で、在庫切れや自分に合うサイズがない場合はどうしますか?インターネットで喪服をレンタルしているサービスがあるのはご存じですか?スマホやパソコンから手軽に注文できるため、最近注目を集めているサービスです。

ここでは、インターネットレンタル喪服について解説していきます。

インターネットレンタル喪服の利点

インターネットで喪服をレンタルする利点はなんなのでしょうか?まず大きく分けて2つの利点があります。

まずは「値段」です。先ほど紹介した栃木県内のレンタル喪服店は税別10,000円前後が相場です。しかし、クリーニング代も込みの値段の場合とクリーニング代は別途自分で支払う場合があり、10,000円以上かかる場合がほとんどです。

インターネットレンタルは、クリーニング代や配送費も全て込みで値段を表示してあるため、余計な心配をする必要がありません。利用したら、そのまま宅急便で返送するだけです。

もう一つは、保管場所や保管方法を心配しなくてもいいという点です。喪服は高級なものほど、デリケートにできており、湿気の多い梅雨の時期や、冬の乾燥時期には生地を傷めやすくします。

インターネットレンタルは、常にきれいな状態で保存しているプロフェッショナルのおかげで、新品同様の喪服を着用できるのがうれしいですね。

インターネットレンタル喪服の欠点

インターネットレンタル喪服は値段が安く、状態も良い喪服が手に入る便利なサービスですが、欠点もあります。それが、「サイズ変更不可」ということと「配送時間」に関してです。

まずサイズ変更不可というのは、インターネットレンタルの特徴として、細かいサイズの喪服を取り扱っていることが挙げれられます。これは、自分に合ったサイズをきちんと選んでくださいという企業側のお願いです。

もしこれくらいなら大丈夫とタカをくくって小さめのサイズを選んだとします。座った瞬間に喪服のズボンやスカートが破けてしまうと、破損扱いとなり、高額な弁償金や買取が発生します。せっかく安いレンタル喪服なのに、破損して買取になってしまっては何の意味もありませんね。

配送時間というのは、送られてくる宅配業者です。配送は基本的に郵便や、民間の配送業者を利用することがほとんどです。そのため、天候や交通事情によっては喪服を利用したい時にまだ到着していないという事態になる場合もあります。

余裕を持って早めにオーダーをしましょう。

まとめ

栃木県内のレンタル喪服サービスに関してまとめてきました。急な訃報であっても、しっかりとマナーを持って故人を弔う気持ちを忘れないようにしたいものです。服装や、作法などしっかりと事前に確認したうえで節度のある弔事を迎えるようにしましょうね。

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする