到着から3泊4日の礼服・喪服レンタルが4,800円~即日発送いたします。 礼服・喪服レンタルの相羽

買い物かご

注文に関するお問い合わせはこちら054-266-5595[営業時間] 10:00-17:00

公開日:2017/10/27最終更新日:2017/10/27 東京で喪服が必要に 東京限定で探さなくても翌日には届くレンタルサービスがある

喪服は突然必要になる

東京で喪服をレンタル

あまり想像したくない物事ではありますが、人間はいずれ必ず死ぬものである以上、必然的に喪服の出番も定期的に訪れることになります。しかし喪服は突然必要になることがほとんどで、事前に完璧な状態で用意しておくのが難しいこともまた事実です。特に若い方の場合には「まだ喪服を用意するには早すぎる」と考える方が多いため、想像していないタイミングで身近な人物の訃報に接すると成す術を無くしてしまいます。

既に喪服を購入済という方でも、不法を受けて喪服の用意を始めてみると、シワが寄ってしまっていて綺麗に着られないというケースは意外にも多いものですし、ひどい場合にはカビが生えてしまっていることもあります。それらの問題が発生していなかったとしても、サイズを合わせてみると大きすぎてブカブカになってしまっていることや、反対に小さすぎて着られなくなっているというケースも考えられます。

葬儀は待っていてくれませんから、こういった事情によって持っている喪服が着られなくなったとしたら、急いで代替品を用意しなければなりません。頼りになるのはスーツ店や百貨店等ですが、喪服はそう簡単に仕立てられるものではありません。女性物では和装、男性物ではスーツという形で喪服を購入する場合には、採寸やサイズ直しなどに時間がかかり、葬儀の日程に間に合わずに購入を断念したという経験を持つ方も多いのです。

緊急時には喪服のレンタルサービスの利用がオススメ

仮にすぐに持ち帰ることのできる喪服を店頭で見つけることができたとしても、ぴったりのサイズとは違う喪服になってしまったり、デザイン面で妥協せざるを得ないことが多いでしょう。さらに言えば、予算を遥かに上回る喪服だとしても、大人として揃えるなければならないという義務感やプレッシャーに押され、仕方なく購入してしまい、後になってやり繰りに苦労するということもあります。

ですから、このようなケースでは無理に喪服を購入するのではなく、レンタルサービスを利用して当日限定で喪服を借りるということをオススメします。いわゆる「貸衣装」を想像していただくと分かりやすいのですが、昨今ではレンタルとはとても気付かないほど質の高い喪服を提供している会社が増えており、それに伴って利用者数も大幅に増加しています。

レンタルであれば、前回と同じようにタンスの中で眠らせているうちに傷んでしまうといった問題は起こりませんし、体型を気にすることもなく、そのタイミングで最適なサイズの喪服をチョイスできるほか、購入する場合と比較して格段に安い金額で喪服を準備することができます。

レンタルサービスのお店は東京限定で探さないほうがいい

喪服のレンタルサービスを実施している会社は東京にも多く、店舗型のお店に足を運ぶことによって実際に自分の目で喪服を見て、試着した上で貸し出しを受けることが可能です。しかし、東京限定でレンタルサービスのお店を探すことがあまりオススメできません。希望しているタイプの衣装が既に他のお客さんに貸し出されてしまっているというケースもあり、店舗の情報を頼りに足を運んでみたものの無駄足に終わり、時間を無駄にしてしまうことがあるためです。

また、同じ東京都内だとしても、住んでいる地域の近くに店舗があるとも限りません。移動の時間に往復合わせて数時間を取られてしまったり、電車賃だけで数千円という出費が生じるとすれば、やはり効率的とは言えないでしょう。自分の目でレンタルの喪服そのものを確認できるというメリットは確かに大きいのですが、より選択肢を広げて満足のいく喪服を低予算で借りるためには、喪服のレンタルに対応しているネットショップを利用すべきです。

喪服のレンタルでネットショップを選ぶべき理由

様々な店舗の喪服をネット上で調べ、画像を見て比較しながら、自分自身の好みやシチュエーションに合ったデザインの喪服を選択できるという点が、ネットショップを利用して喪服を借りる上で最大のメリットです。ネットを経由してレンタルするという道を選べば、全国のお店の中からレンタル店を選ぶことが可能になるため、求める条件を満たした喪服を見つけられる可能性は飛躍的に高まります。

ネットショップを利用するということは、原則的に宅配便を利用して喪服を送ってもらうことになりますから、当日までに確実に届くのかが心配だと考える方は少なくないでしょう。しかし、多くのレンタル業者が「即日配送サービス」を導入しており、最短であれば注文した翌日には喪服を受け取ることができます。つまり、注文日から葬儀当日までに中一日を開けられる状態であれば、宅配便を利用した喪服のレンタルサービスを受けることができるのです。

返却にあたっては、特別なクリーニング等の後処理を要求されることはほとんど無く、着終わったらそのまま元の状態に戻し、返送するだけで契約を完了させることが可能になっています。中には記載済みの送り状を同梱してくれるレンタル業者も存在し、袋に詰めて送り状を貼り、宅配業者に預けるだけで済むという気軽さもネットショップならではの魅力です。一般的な貸衣装店のように、後日再びお店に足を運び、喪服を返す必要が無いのです。

また、ネットショップで借りられるアイテムは喪服だけとは限りません。葬儀では小物も普段使いできるような華やかなアイテムは避けなければならず、必要に応じて靴や数珠、バッグ、ふくさといった品々を追加で揃えなければなりません。一般的な貸衣装店ではこれらのアイテムは取り扱っていないことが普通ですが、ネットショップでは喪服と同時に小物も借りることができるので、一度の注文で葬儀で必要となる一式を全て揃えることができます。

ネットショップを利用する上でデメリットや注意点はあるのか

ネットショップから喪服を借りる上でデメリットとなるのはサイズの問題です。普段のネット通販であれば、もし購入した洋服のサイズが合わなかったとすれば返品・交換に応じてもらえますが、急いで喪服を借りるという今回のようなケースにおいては、新しいサイズの喪服を送ってもらう時間を設けることができません。もしも手元に届いた喪服が着れなかったとしたら、残念ながら全ての計画が狂ってしまうことになりますから、念入りにサイズを確認した上で注文を行わなければなりません。

デザインや色合いを画像でしか確認できないという点も短所として挙げられます。画像から想像していた色やイメージと剥離した喪服が届いてしまったとしても、前述したサイズの問題と同じ理由により、返送して借り直す時間を取ることはできません。葬儀までに時間的な余裕が残されていれば話は別ですが、そうでなければ諦めて、届いた喪服をそのまま着て行かなければなりません。

最後に、注文から到着までにかかる日数に関する問題ですが、即日配送・翌日到着をうたうネットショップを利用したとしても、注文した時間帯によっては希望通りの日時に喪服が到着することはありません。極端な例を出しますが、月曜日の23時にオーダーし、火曜日の午前11時までに届けてもらうことは物理的に不可能です。移動距離によっても到着までにかかる目安の日程は異なりますが、多くのネットショップでは、15時~16時までの間に注文を完了させることによって、早ければ翌日午前、遅くても午後便を指定して配送してもらうことが可能です。