本当に人気?6月の結婚式、ジューンブライド!

本当に人気?6月の結婚式、ジューンブライド!

昔からよく耳にするジューンブライド(june bride)、6月の結婚式。6月の結婚式=幸せ ということは、もちろん6月に結婚式を挙げる方も多いはず。私が礼服・喪服レンタルのショップを開いて2年半経ちますが、そんなこともないような~?全国的にはどうなのでしょうか?調べてみたいと思います。

なぜ6月の結婚が幸せなのか?

6月の結婚が幸せになれるというのにはいくつかの理由があります。

1、ローマ神話で結婚をつかさどる女神「juno(ユノ)」と6月の「june」をかけていて、6月に結婚する花嫁は幸せになるだろうという言い伝え。

2、ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、結婚式を挙げるのに適した気候であるため、結婚式を6月に挙げていたという説

3、大昔、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は農作物の収穫で忙しく、結婚式ができなかったため、6月に結婚式を挙げることが多く、待ちに待ったカップルが幸せな結婚をしていたという説

日本では結婚式場の戦略

日本では6月は梅雨にあたり、雨が多く結婚式を挙げることが少なかった。ホテル、結婚式場は売上の獲得を狙い、「june bride」と大々的に宣伝し、6月の結婚は幸せになれると浸透させた。

年間の結婚式の数

データによると、実は6月の結婚式は少ないです。4,5月が圧倒的に多いです。また、10,11月も多いですね。弊社、礼服・喪服レンタルの相羽では10月が多い気がしていたのですが・・・結局は気候の良い月が多いという事でしょうか。4,5,10,11月はあまり暑くもなく、寒くもないですから、結婚式には丁度良い気候なのかもしれません。

最後に

今や6月の結婚式は人気がないようですね。最近の結婚式場は窓を大きくし、外の演出に力を入れている気がします。雨が多くては演出が無駄になってしまいます。チャペル式ではフラワーシャワーが出来なかったり、写真撮影も外では出来ません。これから、6月の結婚式は更に肩身が狭くなり「june bride」という言葉も聞かなくなるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧