誰も教えてくれない!結婚式のネクタイをオシャレに見せる方法!

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

誰も教えてくれない!結婚式のネクタイをオシャレに見せる方法!

結婚式のネクタイ。こんな題材のブログは、ネット上にたくさん見つけられると思いますが、今回ご紹介する内容は、他では意外と紹介されていない、アパレル店員だからこその内容になっています。是非、最後まで読んでください。

礼服・喪服レンタルの相羽でレンタルしているネクタイ

写真は当店でレンタルしているネクタイです。基本は白になりますが、物によってはっシルバー系のものもあります。
色々なデザインがありますが、ストライプのものが8割くらいです。素材はシルク100%のネクタイのみ使用しています。100円ショップなどに置いてあるポリエステル100%のネクタイは、全体的に生地の薄さが目立つので、使用していません。
念のためデザインのご紹介をさせていただきましたが、本題は次からです。私の経験、感覚からお話させていただきます。

 

 

カッコ良さを左右する、ネクタイの太さ!

ネクタイの太さ。みなさん気にしたことはありますか?あまりないですよね?実は太さにカッコ良さがでます!
今の太さがあるのです。答えから申し上げると、今のネクタイの太さは7.5cm~8.5㎝ほどです。当店でレンタルしているネクタイは写真のように8cmほどです。
20年弱前だと思いますが、ナロータイというネクタイが流行りました。太さはだいたい5cm~6cm。かなり細いです。このナロータイに関しては、とても人気があったので、知っている方も多く、今でも探す方がいらっしゃいますが、実はアパレルブランドでは10年程前から売っていません。ナロータイは一昔前のイメージになってしまうので、極力避けていただいた方が良いと思います。7.5cm~8.5cmを選びましょう!

カッコ良さを左右する、ネクタイの長さ!

ネクタイの正しい長さと言いましたが、ネクタイ自体の長さではなく、締めたとき、体のどこまで垂らすかというお話です。礼服姿が、とても綺麗に見える長さは、剣先が、ベルトの位置に来ることです。分かりにくいと思うので左の写真を見てください。

しかし、小柄な方、首の細い方はどうしても剣先の位置が下にきてしまう。カッコ良くベルト部分で剣先を合わせると、後ろばかり長くなってしまう!そんな方にはこんな裏技!アパレル店員は結構やっている裏技!。右の写真を確認してください。後ろのループを通して、もう一度ループにかけます。こうすればちょうどいい長さに調整できます。これなら、心配いりませんね。

カッコ良さを左右する、ネクタイの結び方!

ネクタイの結び方は、数えきれないくらいの種類があります。まず、代表的な結び方を紹介しましょう。
出典:http://www.kukitya.com

プレーンノット、セミウィンザーノット、ウィンザーノット。これが代表的です。はっきり言ってこの3つ以外覚える必要はないと思います。
プレーンノットは結び目が最も小さく、襟の開きが小さいワイシャツに適した結び方です。ウィンザーノットは逆に、結び目が大きく、襟の開きが大きいワイシャツに適しています。そして、セミウィンザーノットは中間と言えます。
代表的な結び方を紹介しましたが、現在、私の推奨する、カッコイイ結び方はプレーンノットです。ワイシャツの襟の開きの角度も関係ありません。何故か?インスタグラムなどで世界のおしゃれな方を見る機会が増えました。その方々のネクタイスタイルを見ると、今は襟の開きが大きいシャツに小さく結ぶネクタイが旬だと感じるからです。信じていない方は、雑誌やインスタグラムで調べてみてください。

最後に

どうでしたか?結婚式のネクタイの太さ、長さ、結び方。他ではない内容だったと思います。内容はあくまでも現在2017年7月のお話です。もしかすると、来年は当てはまらない内容になってしまうかもしれませんが、今はこれを覚えていただければ、カッコ良く礼服を演出でできると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧