喪服にアジャスターが付いている本当の理由

>
礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

喪服にアジャスターが付いている本当の理由

喪服のパンツには、ウエスト調整用のアジャスターが付いていることが多いです。

もちろん、弊社の喪服にも付いています。±3㎝程度調整ができるのが、一般的かと思います。では、何故、喪服にはアジャスターが付いているのでしょうか?

アジャスターは使っている?

実際にアジャスターは使っているのでしょうか?どんな場面で使うのか考えてみると、おそらく、2つの状況が考えららえます。

1、食事の後

葬儀では食事の時間があります。一般的に、食事の前と後ではウエストが違います。食事の後の方が太くなっているはずです。

全国的にどうなのかは分かりませんが、私の地元ですと、2回食事をします。お腹パンパンです。アジャスターがあって良かったと思える瞬間でしょう。

2、座っているとき

人間は立っているときよりも、座っているときの方が、ウエストは大きくなります。恰幅の良い方は、特に感じるかもしれません。

1,2を考えると、着心地よく、ストレスなく着用するために使っている人が多いと思います。

アジャスターが付いている本当の理由

喪服は毎日着用するものではなく、年に1,2回、着用しない年もあります。つまり、使用頻度がとても少ないのです。となると、自身の体型が変わります。「1年前に穿けたズボンが穿けない」なんてことはよくある話です。そこで、アジャスターの本領発揮です。±3㎝程度調整ができれば、きつかったズボンが丁度良く穿けます。若干太っても大丈夫!ということです。±3㎝というと、Sサイズ→Mサイズ、Mサイズ→Lサイズに変化したような感じです。だいぶ違いますよね。

要するに、アジャスターが付いている本当の理由は

「数年間、着用できるように」

ということなのです。考えてみると、なるほど!と思いませんか。

最短即日 礼服喪服のレンタルなら「相羽」

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

このエントリーをはてなブックマークに追加