あまり使わないタキシードはレンタルがオススメ


礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

あまり使わないタキシードはレンタルがオススメ

タキシードをわざわざ買いたくない

20代男性会社員です。社内ではサークル活動が盛んで私はオーケストラに所属しています。年に数回コンサートをするのですが、その時にタキシードが必要に成りました。

しかし若手社員にとって正直タキシードの出費は痛いです。安くても5万円はしますし、せっかくの舞台なら少し良い生地を使いたいのが本音です。タキシードは安い生地を使うと安っぽさが目立つのでネットで売っているポリエステルやアクリルの物は使いたくありませんでした。

今後も会社でオーケストラを続けたい気持ちはありますが、将来的には中年太りの可能性もあるので作り直しのリスクもあります。さらにイベントの種類によってはグレーやホワイトに変えたりして遊びたいという気持ちもありました。さらにそもそも着る機会が少ないので買う意味があるのかなと疑問を感じました。

レンタルなら買わなくてもよい

先輩社員に相談したところタキシードのレンタルを勧められました。実は先輩もタキシードは所有しておらず毎回レンタルしていると言っていました。何となく仲間が出来たような気分になれてうれしかったです。

しかし、レンタルは使ったことが無かったのでもう少し詳しい話を聞いてみました。先輩は5年程タキシードをレンタルしていると言っていましたが、結構便利そうでした。オーケストラ以外でも会社の式典やプライベートでのイベントでも使えるので良いと教わりました。

大まかな費用ですが1回7千円から2万円ぐらいはします。私の場合、夏と冬の2回ホールを借りてコンサートをするぐらいなので掛っても年間約4万円です。月3500円ぐらいでいろんなバリエーションのタキシードが着れるならお得だと思いました。

初めてのタキシードレンタル

私にとって初のコンサートも近づいて来たので早速レンタルを利用することにしました。オーケストラで演奏するなんて高校の部活以来なので正直緊張しました。また高校の頃は学校の制服で演奏していたので、しっかりとした服を着て演奏できると思うとワクワクが止まりませんでした。

今回私が使ったのはTUXEDO STATIONという会社です。ちなみに東京と大阪2店舗があります。私の自宅は大阪なので大阪店を利用しました。堂島ビルに入っているので北新地駅か淀屋橋駅から行くと近いです。

あらかじめ予約してからではないといけないので注意が必要です。普通のブティックの様な感じでは立ち入ることが出来ません。前日に予約を入れて少しビビリながら勇気を出してお店を訪ねました。

タキシードを選ぶ

TUXEDO STATIONに入ると30代ぐらいのお兄さんが丁寧なあいさつをしてくれました。予約の確認が終わると早速タキシードが置いてあるところまで案内してくれました。パリっとしたタキシードがいっぱい並んでいてかっこよかったです。

とりあえずお兄さんに用途を伝えました。コンサートなのである程度の統一感が必要です。専門用語はいまいちわからないのでオーケストラ全員に配られたドレスコードが書いた用紙をそのまま店員さんに見せました。

すると手際よくタキシードを5つほど取ってきてくれました。同じブラックのタキシードでも肩の形や光沢が若干違いました。サークルからは細かい指示を受けていないのでここからは私のセンスが試されます。

意外と大切なフィッティング

早速気に入ったのを3着ほどフィッティングルームで着てみました。遠くから見るとどれも同じに見えますが、実際に着てみると体の形との相性があるのか全く違うものに見えます。楽器を弾くので動きやすさも考えないといけません。

結局最後は2着気に入ったのがありました。迷ったので店員さんに聞いてみると丁寧にオススメを教えてくれました。素人の私には分からないのでプロの意見を正直に聞くのが無難です。

後は中に着るものを選びました。ありがたいことにウィングカラーシャツ、ポケットチーフ、カフスリンクなどの8点セットが1万円弱で売っていたのでそれをまとめて購入しました。こんな感じで初めてのタキシード選びは無事に終わりました。

初めてならレンタルがおすすめ

実際にTUXEDO STATIONをりようしてよかったと思っています。スーツの着方なら社会人生活である程度身に着けましたが、タキシードに関しては知識が全くありませんでした。下手に自分で選ぶよりも分からないことは分からないと認めてプロにお願いする方が無難です。

コンサート当日にドレスコードの間違いが指摘されたりしたら恥ずかしいです。シャツもウィングカラーなど普段は着ないような物を使うので8点セットが1万円程で売っていてよかったです。質はまあまあでしたがとりあえず間に合えば良かったので満足しています。

蝶ネクタイの結び方が分かりませんでしたが、店員さんが教えてくれました。太ってもシャツやスーツと違いカフスリンクならサイズが関係ないので後でティファニーやブルガリのカッコいい物を買うのもアリだと思います。とにかく右も左も分からない私に基本的な着こなし方を教えてくれた店員さんに感謝しています。

レンタルのメリット

タキシードレンタルの最大のメリットは間違いなくコストです。実際に買うとなると高価ですが、レンタルなら予算に余裕が生まれるので良い生地のモデルを着ることが出来ます。自分で管理するコストはほぼ0円ですしクリーニングも業者持ちの場合が多いです。

将来的に体形がどう変わるかも分かりません。おそらく私も父と同じく中年太りに悩まされる未来が待っています。毎回サイズを選べるので1、2回しか着ていないタキシードが入らなくなるリスクを回避できます。

ネットでレンタルが出来るので近くにスーツ屋さんが無くても便利です。地方の方でもネットで借りれば好きなのをいつでも着ることが出来ます。返却も宅配で大丈夫なので交通費の節約になります。

レンタルのデメリット

逆にデメリットもいくつかあります。まず初めに他人が着たものであるという事です。しっかりと除菌やクリーニングはしていますが、それでも抵抗がある方はやめておいた方が良いです。

また、サイズが合わないリスクもあります。届いてみたら実際よりも大きい・小さい、動きにくいなどのミスマッチが起こる可能性があります。それを避けるために出来れば一度は店舗で試着することをお勧めします。

これはアンラッキーなパターンですが何だかの手違いや事故で発送が遅れると当日タキシードが着れないという事態に陥る可能性があります。私はその様な被害にあったことがありませんが、そうなった場合取り返しが付かなくなります。これらのデメリットはタキシード以外の衣服レンタル全般に言えることですが、デメリットがあることも頭の片隅に置いておくべきです。

おすすめのタキシードレンタル業者

私がいつも使っているのがTUXEDO STATIONです。店舗があるので試着が出来ることが一番のメリットです。対応もしっかりとしているのでいつもお世話になっています。

選択肢の広さで選びたいならカークメンズフォーマルがお勧めです。一般的なフォーマルなものからチェックやベージュ色の若干カジュアルでオシャレなタイプもおいています。インポートブランド生地のタキシードも沢山用意しているので服選びが楽しくなります。

急にタキシードが必要になったのならDANDY-AREAがお勧めです。タキシードは持っているけど、たまたまクリーニングに出している時に必要になったとしても当日レンタルが可能なので便利です。ちなみに喪服・礼服・燕尾服も取り扱っています。

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする