喪服をレンタルできる鳥取県のお店は?急な弔事でも一安心


礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

急な弔事で一番困るのは「喪服の用意」です。ほとんどの方が弔事用の喪服と慶事用の礼服は一着で済ませている人がほとんどではないでしょうか?結婚式が終わったと思ったら、今度は弔事で使うことになったという話も少なくありません。

今回は鳥取県内で喪服がレンタルで用意できるお店を紹介していきます。喪服の種類やしきたりに関しても説明していきますので合わせてお読みください。

喪服のしきたり

喪服を着る場合、式典の種類や故人との関係によって喪服を選ぶことが必要です。例えば、喪主でもないのにモーニングを着たり、知人のお通夜で事前に用意した喪服を着たりすることはできません。きちんとした喪服のしきたりを理解してから喪服をレンタルしましょう。

お通夜の場合のしきたり

喪主の場合、正喪服である「モーニング」は昼間の喪服になるため、お通夜の場合には、葬儀や告別式で参列者として着用する準喪服を着用しましょう。

お通夜は元々、「取り急ぎ駆けつけて故人に弔意を示す式典」です。そのため、喪主や喪主の家族以外であれば、会社帰りのダークスーツ姿での参列が認められています。現在は、喪服で参列すると「事前に死期を予測していた」と思われてしまい、逆に失礼になる場合もあります。

男性であれば、ダークスーツに黒の弔事用のネクタイを着用し、女性であれば、黒いビジネススーツでワイシャツは白いものを着用しましょう。ビジネススーツでなければ、黒のワンピースか、ツーピースがお通夜での喪服に当たります。

葬儀・告別式でのしきたり

葬儀や告別式はお通夜と違い、故人と最後の別れをするための大事な儀式です。喪主や葬儀委員長は喪服の正礼服である「モーニング」「紋付き袴」を着用します。女性であれば、紋付きの黒留袖やアンサンブルを着用します。

参列者はたとえ社会的な地位が高くても、喪主と同等の位である「モーニング」「紋付き袴」は着用しないのが一般的です。ブラックのビジネススーツではなく、何度も染めを繰り返して深い色合いになった正式の喪服を着用します。

女性は黒のワンピースかツーピースを着用し、和装であれば黒の一つ紋の着物を着用します。ハンドバックや帯なども黒で統一し、アクセサリーは極力つけません。洋装であれば、真珠の物であればつけても問題ありません。

以外に見落としがちな子供の喪服

自分の喪服に関しては気が回りますが、子供さんと一緒に葬儀や告別式に参列する場合には子供用の喪服を用意しなくてはなりません。子供さんの年齢にもよりますが、中学校から高校であれば学校の制服が喪服に当たります。

小学校以下の場合には、黒地の子供用のスーツでシャツは白い物を選びます。ネクタイなどは必要ありませんが、黒の腕章を右腕に巻くか、胸に喪章や黒のリボンをつけて対応します。

鳥取県内で喪服をレンタルできるお店

ここからは鳥取県内で喪服をレンタルできるお店をいくつか紹介していきます。

鳥取市で喪服をレンタルできるお店

【マリエやしろ】
鳥取県内に4店舗を構える貸衣装サービスのチェーン店です。島根県松江市の本店を中心に、島根県出雲市、鳥取市、米子市に店舗があります。洋装、和装の喪服の他に、子供用の喪服も用意しています。
〈鳥取店〉
連絡先:
【TEL】0857-28-0022
【住所】鳥取県鳥取市南隈 501
【営業時間】10:00 – 18:30
【定休日】毎週火曜日※祝日営業

【株式会社ウシオ/貸衣装鳥取店】
鳥取県内のカインズホームやケーズ電機のフランチャイズ会社ですが、元々は貸衣装店として事業を始めました。値段も手ごろで、年中無休であることから、貸衣装で困ったときには連絡してみてはいかがでしょうか?

連絡先:
【TEL】0857-22-0222
【住所】鳥取県鳥取市戎町117
【営業時間】9:30- 18:30
【定休日】年中無休

倉吉市で喪服をレンタルできるお店

【グリーンコープ貸衣装店】
JAが運営する貸衣装兼美容室です。貸衣装は洋装、和装の他、子供用の喪服まで用意しています。着付けも行っているので、手ぶらで来店しても大丈夫ですね。

連絡先:
【TEL】0858-23-3068
【住所】鳥取県倉吉市越殿町1408
【営業時間】8:30- 17:30
【定休日】毎週水曜日

米子市内で喪服をレンタルできるお店

【株式会社むらまつ】

ファッションデザイナー桂由美氏のフランチャイズ企業で、貸衣装サービスも行っています。鳥取県内には米子市の他に松江市にも店舗を構えています。喪服は洋装が中心で、男性用のモーニングは12,000円から、紳士用喪服(洋装)で6,000円から用意してあります。

<米子店>
連絡先:
【TEL】0859-32-5555
【住所】鳥取県米子市西福原 3-3-1
【営業時間】10:00 – 18:00
【定休日】毎週水曜日※祝日の場合翌日の木曜日

どうしても手配できない場合はインターネットレンタルサービスという手段も

貸衣装屋さんや、レンタルショップで喪服が手配できなかった場合には、インターネットで注文できるレンタルショップを利用してみてはいかがでしょうか?

簡単にオーダーできるインターネットレンタル喪服

インターネットが普及し始めてはや15年以上。今では日本国民の80%以上の人がスマホや携帯電話、パソコンなどで手軽にインターネットサービスを利用できるようになりました。喪服のレンタルサービスもここ数年で一気に知名度を上げたサービスです。

パソコンやスマホの画面で注文したい喪服のサイズと日程を決め、あとは宅急便で届くのを待つだけという簡単なサービスです。値段もかなり安く、基本的にクリーニング料や配送料もこみこみの場合がほとんど。返却時も段ボールに詰めて返送するだけなので、手軽なサービスと言えますね。

インターネットレンタル喪服サービスで注意すべき事

インターネットレンタルサービスでは、基本的にキャンセルやサイズ違いによる変更がききません。そのため、豊富なサイズを取り揃えて、サイズ違いによるキャンセルや変更が聞かないようなシステムになっています。

もしサイズが合わない状態で無理に着用しようとして喪服を破損(破けるなど)させてしまうと、弁償になってしまうため、インターネットレンタルを利用する場合には一回り大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

まとめ

鳥取県内で喪服をレンタルできるお店をいくつか紹介してきました。しかし、レンタルを考えているのは読者の皆さんだけではありません。レンタル喪服店の在庫やサイズのことを考えるのであれば、早めにインターネットレンタルに予約を入れておいたほうが確実です。

スマホやパソコンで手軽にレンタルできるインターネットレンタルをぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする