お葬式に伝える「お悔やみの言葉」

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

お葬式に伝える「お悔やみの言葉」

お悔やみとは、通夜、葬儀に参列した際に、遺族に伝える短い言葉です。遺族の気持ちを考えると、言葉が出なかったり、お悔やみの知識がなく、何と言っていいのか分からないこともあります。
お悔やみの言葉は、簡潔に、ひと言、ふた言の短いものがマナーです。また、遺族を傷つけないように、言葉選びには注意しましょう。

一般的なお悔やみの言葉

・このたびは、誠にご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。
・このたびは突然のことで、気が動転してしまい、慰めの言葉もございません。心からご冥福をお祈り申し上げます。
・ご連絡をいただいて、たいへん驚きました。おつらいこととは存じますが、遺されたご家族のためにも、お気をしっかりとお持ちになってください。

故人が病死の場合

・このたびは、心からお悔やみ申し上げます。ご入院中は、お見舞いにも伺えず、大変失礼いたしました。必ず快復されると信じておりましたのに残念です。安らかにお眠りになるよう、お祈りいたします。
・入院中と伺っておりましたが、まさかこんなに急に逝かれるとは夢に思っておりませんでした。心からお悔やみ申し上げます。
・早い快復を祈っておりましたが、私も本当に残念でなりません。しばらくたいへんかと存じますが、お体に気を付けて。心を強くお持ちになってください。心からご冥福をお祈り申し上げます。

故人が急死、事故死の場合

・このたびは、あまりに突然のことで、なんと申し上げてよろしいやら、言葉も見つかりません。心よりお悔やみ申し上げます。
・つい先日元気にお会いしたばかりでしたのに、いまだ信じることができずにおります。〇〇さんのような方が、こんなにも突然いなくなってしまわれるなんて。ご遺族もさぞ無念でしょう。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
・あまりに急なことで、何の準備もできず駆けつけました。さぞおつらいでしょうが、どうぞお力を落とされませんように。

故人が高齢だった場合

・このたびのご不幸、ご愁傷様です。天寿を全うされたかと思いますが、やはりもっと元気でいていただきたかった・・・。
・お母様(お父様)にはお気の毒さまです。人生の先輩として頼りにしておりましたのに残念でなりません。こころからお悔やみ申し上げます。
・知らせを受け、駆けつけてまいりました。まだ、教えていただきたいことも、たくさんありましたのに、とても寂しく感じております。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

キリスト教の場合

・突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。どうか安らかに眠りにつかれますように、お祈りさせていただきます。
・ご連絡をいただきまして、駆けつけて参りました。どうぞお父様(お母様)の御霊安らかにと、お祈り申し上げます。

※「冥福」「供養」などは仏教用語なので、キリスト教では使いません。

最後に

さまざまな場面のお悔やみの言葉を紹介いたしました。決して覚えれば良いというものではありません。どの場面でも、故人
や遺族を思う気持ちが大切です。心が伝わるようにしましょう。

最短即日 礼服喪服のレンタルなら「相羽」

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧