礼服・喪服のお直し。実はウエストはここまで大きくなる!

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

礼服・喪服のお直し。実はウエストはここまで大きくなる!

 

お持ちの礼服・喪服を着ようとしたときに、「あれ?ウエストがきつくてボタンが閉まらない!!」ってことありますよね。こんな時、どうしますか?私の理想は、「礼服・喪服レンタルをする!」というのが嬉しいのですが、実はパンツのウエスト直しができるのです。こんな情報を教えてしまうと、礼服・喪服レンタルの弊社の仕事が減りそうですが、レンタルビジネスを始めたのも、困っている人を助けるという信念からですので、お伝えしましょう。

どの程度大きく直せるのか?

パンツのウエスト直しは、通常、パンツの後ろ部分でおこないます。左側の写真を見てください。これは、パンツ後ろ部分の内側です。白い矢印の部分は、外側から内側へ縫われている余り生地ですが、この部分を外に出すことで、ウエストを大きくします。だいたい、どのパンツにもついている、あまり生地で、長さは6cm程度あります。6cmすべてを出してしまうと、縫い合わせができませんので、おそらく4cm大きくするのが精一杯でしょう。4㎝というと、2サイズアップしたことになります。A5→A7の差と同じですから、だいぶ大きくなった感じがすると思います。
では、パンツは最大で4cmしか大きくならないかというと、そんなことはないのです。もう一枚の右の写真を見てください。パンツの横、ポケット部分の写真です。こちらにも矢印を入れていますが、この部分から出せるパンツがあります。この部分はものによって異なります。当店でレンタルしている礼服・喪服は、縫い合わせもなくあまり生地が入っていませんでしたので、ここからのお直しは不可ですが、縫い合わせがあり、あまり生地があれば2cm程度大きくできます。そして、逆の部分、写真は左側を写していますが、右側でも同じお直しができます。ということは右側でも2cm大きくすることができるのです。

ということは、どの程度大きくできるかというと、

4cm+2cm+2cm=8cm

こんなに大きく直せるのです!!

実際にはこれだけ大きくできる場合があるのです。ただ、ここまでお直しをすると、問題点がでてきます。それは、縫い代が減っている分、「破れやすい」ということです。特に後ろ部分は、座るときに生地が引っ張られるので、縫い代がある程度ないと、すぐに破れます。穿いている時に破れてしまうほど恥ずかしい」ことはありません。気を付けたいですね。ちなみに、後ろ、両脇からのお直しは三方出しと言います。
逆に、詰めることもできます。お直しの箇所は同じになり、今度は三方詰めと言います。こちらも8cm程度細くできます。

お直し期間と費用

大幅にお直しできるのは分かりましたね。ではお直しにかかる期間、金額はどうでしょう。ここがポイントですね。結婚式、お葬式に間に合わなければ意味がありませんし、お直し代も高額なら、レンタルの方がお得です。「安くて、早いのが何より!」という皆様の願いはあると思いますが、残念です…私の知る限り、お直し期間、一週間、お直し代金¥6,000~¥8,000ほどかかります。高額で長期です。特にお葬式の急な時は全く意味がありませんね。

まとめ

結果的には、お直しはできるが時間と費用が必要ということです。しかし、今持っている礼服・喪服が気に入っている方にはお直しがお勧めです。また、時間がない方、持っている礼服・喪服に愛着のない方には、礼服・喪服レンタルがお勧めです。
お直しに関して分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧