礼服・喪服レンタル。レンタルするのはこんな理由

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

礼服・喪服レンタル。レンタルするのはこんな理由

今回は、礼服・喪服レンタルを利用していただいている方の、レンタル理由をご紹介いたします。レンタルってどうなの?今レンタルを検討中だけど、どうしようかな?と思っている方は参考にしてください。

レンタルしているのは、こんな理由

・友達の結婚式があるが、礼服を持っていない。仕事で着ているスーツでも良いかと思ったが、やはりしっかりとした服装で出席したい(東京都:20代男性)

・20代の頃に買った喪服があるが、そのころから体重が15キロ増えた。喪服が全く着れないので、急遽レンタルしたい。(岐阜県:40代男性)

・結婚式で住んでいる長野から福岡へ。わざわざ持っていくのが面倒なのでレンタルしたい。自前の礼服もあるが、¥5,800なら安い(長野県:30代男性)

・一度レンタルしたら、とても便利だった。もう一度同じサイズでお願いします。(東京都:50代男性)

・大学生の子供二人がお葬式へ。大学なので学生服もないし困って電話。フルセットを2セットレンタルしたい(静岡県:50代女性)

・会社の役員が亡くなった。会社でまとめて15セットレンタルしたい。(三重県:20代女性)

少し変わった珍しいお問い合わせ

1、テレビ番組用

   「礼服・喪服レンタルの相羽です」

お客様 「私、フジテレビの○○と申します。逃走中のいう番組で使う黒のスーツをレンタルしたいのですが」

   「と言いますと、ハンターの方のものですか?」

お客様 「そうです。数十枚必要なのですが、大丈夫ですか?」

   「サイズがあれば大丈夫ですが、ハンターの方々は礼服ではなくスーツを着てませんか?」

お客様 「・・・・」

   「おそらく、細身の黒無地スーツですよね?礼服では番組コンセプトと合わないのではないですか?」

お客様 「確かにそうかもしれません。確認します」

2、アパレルブランドのパーティー用

   「礼服・喪服レンタルの相羽です」

お客様 「礼服をレンタルしたいのですが、数枚必要なのですが大丈夫ですか?」

   「大丈夫ですよ。結婚式ですか?お葬式ですか?」

お客様 「実はアパレルブランド、ディオールの夜のパーティーで着るのですが。」

   「ディオールですか?礼服でない方が良いのではないですか?」

お客様 「ドレスコードは礼服なんですよ。」

   「そうですか。おそらく礼服でも格式の高い夜の礼服、タキシードではないですか?」

どちらのお客様もレンタルはされませんでしたが、過去にこのようなお問い合わせもありました。

最後に

ご紹介したレンタルの理由はごくごく一部の理由ですが、代表的なものをピックアップ致しました。ここ数年、礼服・喪服のレンタルは一般化されてきました。少しでも気になっている方は、是非ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧