岐阜県の喪服店事情と喪服レンタルをするメリット・デメリットとは?

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

岐阜県の喪服店事情と喪服レンタルをするメリット・デメリットとは?

岐阜県の喪服店事情とは?

岐阜県にお住まいの方で、急な葬儀に出席しなければならなくなってしまうこともあると思います。そういった場合には、喪服を用意しなければなりません。普段から着る機会がそれほどない場合には、喪服をクローゼットから出してきても、サイズが合わなくなってしまっていたりすることもあります。

その場合には、喪服店で喪服を購入する必要があります。そこで、岐阜県にはどの程度呉服店があるのでしょうか。岐阜県には、呉服が岐阜市を中心にたくさんあります。特に岐阜市や、大垣市、高山市などに集中していますので、それ以外の市になると、それほど多くはありません。

さらに、これは着物などの専門店が多いですので、喪服専門となると、さらに数は少なくなってしまいます。またこういった呉服店・喪服店は、個人営業のお店も多いため、平日は18時までしか営業していないお店もあります。また不定休のお店も多く、定休日にあたっている場合には、喪服を用意することが出来なくなってしまいますので、注意が必要となります。

岐阜県の貸衣装事情は?

さらに、岐阜県は、喪服を購入することが出来るお店だけではなく、貸衣装店などでレンタルするという方法もあります。こういったお店では、正式喪服である着物などのレンタルをしていて、男性用礼服や、女性ブラックフォーマルドレスなどのレンタルなども行っています。お店によっては、着付けなども費用を払うことで行っているお店もありますし、2泊ほどレンタルをする事が出来るお店もあります。

しかし、地元の貸衣装店の場合には、仕事が忙しい場合には、貸衣装店を回らなければならないというデメリットがありますし、なかなかそれも大変になってしまうことが多いです。

喪服レンタルをするメリットとは?

このように、岐阜県には、いくつかの喪服店などもありますが、喪服をレンタルするという方法もあります。喪服をレンタルする場合、いくつかのメリットがあります。まず、急な訃報があった場合には、小物からバッグ類、さらに喪服を全て購入しなければならず結構な費用がかかってしまうことになります。

しかし、喪服レンタルの場合には、とても安い金額でこれらを一式借りることが出来るのです。急な訃報で、これらが一式ないという場合も、全て手元に揃えることが出来ますので、忙しい方にもぴったりです。また購入する場合には、数万円以上費用がかかってきてしまうことになりますが、レンタルの場合には、数千円程度に費用をおさえることができます。費用面でもお金を節約することが出来ますので、「購入したとしてもあまり着る機会がない」という方には、おすすめのサービスとなっています。

クリーニングや管理の手間を省くことが出来る

喪服を購入すると、着終わった後にはその都度クリーニングをする必要があります。また長く保管しておく必要がありますので、スペースを取ってしまいますし、防虫やニオイにも気を配る必要があります。このため、購入後にもクリーニング代がかかってしまったりと、手間がかかってしまうのです。

しかし、喪服レンタルならば、着終わった後にはそのまま返却をすればいいだけですので、クリーニングをする必要はありません。また自宅で保管をしておく必要もありませんので、スペースなどを確保する必要もないのです。着終われば即、返却が出来ますので、荷物にならないというメリットもあります。

体型に合ったものと、好きなデザインのものを選ぶことが出来る

喪服レンタルのメリットとして、体型に合ったものを選ぶことが出来るというメリットがあります。加齢とともに太りやすくなってしまったり等、体型が変わってしまうことは良くあることだと思います。また女性の場合には、妊娠出産でも体型が変わりやすくなっていますし、マタニティの時期に関してはマタニティ用の喪服が必要となります。

喪服レンタルならば、こういった体型の変化にもその都度合わせてレンタルすることが出来ます。購入してしまっている場合には、サイズが合わなければどうしようもありませんが、レンタルの場合は、その都度自分の体型によって、合ったサイズが選べます。細身のサイズから、大きめサイズ、またマタニティ用が揃っているお店も多いですので、自分に合ったものを選ぶことが出来て、フィットするサイズのものを着用することが出来るのです。

また喪服レンタルを利用した場合、フォーマルドレスもあれば、和装なども選ぶことが出来ますので、その葬儀にあった喪服で出席することが出来るというのも大きなメリットです。

デメリットは、新品ではないこと

喪服レンタルにはデメリットもあります。それは、用意されている喪服が新品ではないことが多いという点です。他の人が着ていた使用感がある喪服も多いですので、そういったことを気にするのであれば、喪服レンタルは避けておいた方が良いといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧