山梨県でのお葬式 突然の訃報には礼服レンタルがおすすめ

山梨県でのお葬式 突然の訃報には礼服レンタルがおすすめ

山梨県に住んでいる知人や親せきが亡くなった…突然の訃報に戸惑われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は不慣れな喪のシーンにおけるマナーや、礼服のレンタルについてご紹介します。お世話になった方・深いお付き合いをしてきた方の最期を丁寧に見送ることで、あなたの人としての品格も深まります。

山梨県の葬儀、その傾向は?

およそ80万弱の人々が住んでいる山梨県。文字どおり山に囲まれた内陸の県です。東京と比べて、地域のコミュニティがしっかりした街が多いため、葬儀も丁寧におこなわれる傾向があります。

通夜や葬式には親せきだけではなく、ご近所の方や町内会のメンバーが手伝いに来るケースも多く、アットホームな和気あいあいとした式がおこなわれているようです。朗らかな一面、しきたりを重んじる日本人らしい気風も備えているため、失礼にあたらない大人の対応が求められます。

山梨県での通夜に参列、まず何を着用すればよいの?

山梨県で通夜が開かれる場合、どんな服装をとりいそぎ用意すれば良いのでしょうか。一般的には、お通夜は翌日に控えたお葬式(告別式)とちがい、やや簡略化したシンプルな装いでも良いとされています。男性ならダークトーンの控えめなスーツ、女性なら柄の入っていない地味なワンピースやスーツで参列します。

大切な方の通夜には「レンタルの礼服」が安心

少し前まではお通夜の席にフォーマルすぎる装いで出席するのはタブーと言われてきました。けれども最近ではそのしきたりも薄れ、お通夜の段階から「黒の礼服で参列する」方の割合が増えてきています。特にお世話になった目上の方のお通夜に、くだけすぎる服装で向かうのが躊躇されるときは、前もって礼服のレンタルを頼んでおくと安心です。即日発送してくれる業者さんを選べば、急ぎのお通夜やお葬式にあわせて礼服のレンタルがおこなえます。男性なら黒のソックスを、女性なら黒のストッキングを合わせ失礼にならない着こなしを心がけましょう。

山梨県でのお葬式に参列、何を着用すればよいの?

山梨県でおこなわれる通夜には間に合わず、翌日の告別式(葬式)だけ参列するケースもあります。前日のお通夜とは異なり、故人の方と最期のお別れになる告別式はもっとも重要なセレモニーのひとつ。何を着れば良いのか、知っておくことも大切です。

【男性】葬儀の取りまとめ役なら、モーニングコート

葬儀に参列するとき、近しい親族の場合や葬儀委員長の場合、男性はモーニングコートを着ることが増えてきています。モーニングコートとは通常の礼服と比べて、裾が長く燕尾服のように伸びたファッションのこと。一般的なスーツと比べて品格があり、クラシックなスタイルに映える服装です。

モーニングコートを着用するときは、ブラック色のベストを着用してトーンを合わせます。ネクタイや靴下も黒に統一するなど、細部のディテールにもこだわっておきましょう。最近のネット通販では「モーニングコートのレンタル」も取り扱っています。

こうした礼服のレンタルセットには、使いたいアイテムが一式揃っていることが多いため、モーニングコート初心者の方でも安心して着用できます。

【男性】友人・知人なら、ブラックスーツ

故人と友人や知人のカジュアルな関係なら、モーニングコートなど重厚な礼服ではなく、ややランクが低いブラックスーツを選びます。ブラックスーツは告別式のほか、前夜の通夜や1周忌の法要にも使える安定度の高い着こなしです。シングルとダブルがあり、少し前まではダブルが当たり前とされてきましたが、最近では若い方を中心にシングルも親しまれています。

ネクタイはブラック色を選び、靴は光らない地味な黒色を選びます。装飾が付いているタイピンは付けないよう注意しておきましょう。

【女性】とても近しい親せきなら、和装

次にチェックしておきたいのが、女性の告別式時のファッションです。故人と親せき関係にあたるとき、とても近しい間柄なら和装を選択する方法もあります。ワンピースやスーツなどの洋装と異なり、和装はきちんと感を表しやすくなります。女性らしいシルエットを描き、深い哀悼の意をあらわすことができます。

山梨県で和装を選ぶなら、黒の羽二重がおすすめです。日向紋の飾りが5つ付いている正装を選ぶようにします。帯はなごや帯などの、地味でシックな黒帯を選びます。長襦袢を下に着て、着用するときには着乱れすることのないようしっかり締めます。

黒の和装はお手元にない方も多いため、着用したいときは便利な「ネットの礼服レンタル」がおすすめです。和装用のバッグや草履などもセットで入っていることが多く、あれこれ自分で小物を買いそろえる手間がなくとても便利です。本格的に購入するととても高い着物も、リーズナブルなお値段で揃えられます。

【女性】知人や友人の間柄なら、ブラックスーツやワンピース

何を着て良いか迷う場合は、黒色のスーツやワンピースの着用がおすすめです。そのとき光沢やフリル・ビーズや金属のアクセサリーが華美に付いたものは避けること。故人への哀悼の気持ちをシンプルにあらわしましょう。

ストッキングはベージュ色ではなく、黒色に統一します。葬儀のときのメイクは、あくまでナチュラルがベスト。アイシャドウや口紅は控えめにし、すっぴんに近いナチュラルメイクを心がけます。真珠は不幸が重なるを意味する2連は避け、1連のものを選びます。

山梨県のお葬式、レンタル喪服が「安くて早い」

結婚式とちがい前もって準備しづらいのが、お葬式やお通夜の服装です。数万円もする高級な礼服やスーツを持っていることは社会人としての一種のステイタスですが、いざ着ようとするとカビ臭かったり、虫が穴を開けていたり、サイズが変わっていて窮屈だったりと…思うようにはいかないもの。そのときに合った最高の1着に巡り合えるのが「礼服のレンタル」です。

ワンピースや着物、モーニングコートなど立場や年齢にあった最高の1枚を選択することができます。注文後即日発送してくれる業者さんも多いため、急な葬儀にも間に合わせることができます。自分で購入するとなると数万円はくだらない礼服を、破格の値段で借りることができることも、現在レンタル礼服が人気となっている理由のひとつ。ムダなく故人の最期を見送ることができます。

購入するより安く、スピーディに身支度を整えられるレンタル喪服の世界。山梨県など地方でおこなわれる葬儀に参列する方は、今すぐチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧