知らなかった!アパレル店員の言う、「春夏物の礼服」は夏物ではありません。

>
礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

知らなかった!アパレル店員の言う、「春夏物の礼服」は夏物ではありません。

みなさん、礼服・喪服・スーツを買いに行った時に、販売員さんから、「こちらは春夏物の礼服です。」などと言われたことはありませんか?思い当たる方も多いと思いますが、実はこの言い方、少し間違っているんです。

それは、「春物ではあるが、夏物ではない」ということです。

特にブランド系のアパレルショップでは、春夏シーズンに販売されるスーツ、礼服と秋冬シーズンに販売されるスーツ、礼服と大きく二つに分かれます。

背中の部分に裏地がない物(背抜き)・・・春夏
背中の部分まで裏地がある物(総裏)・・秋冬

この様に分けています。裏地が、あるかないか、だけです。使っている表の生地は同じ場合が多いのです。ブランドの販売シーズンの表現ということになります。

そのように年間通して使っている生地の礼服・喪服・スーツは本来「オールシーズン物」ということになります。あくまでも、生地の厚さであり、裏地は関係ありません。

では、販売員さんは何故そのような言い方をするかと言いますと、ズバリ、知らないからです。ブランド系のショップでは、そもそも、夏物の礼服・喪服・スーツが無い場合が多いため、存在を知らないことがあります。
そうなると、アパレル店員以外の方はもっと分からないかもしれませんね。

数年前にオールシーズン物をレンタルしていただいたお客様に「背抜きだから夏物、間違って送られてきた」と言われたことがありますが、背抜きのオールシーズン物です。シーズンは生地の厚さです。

↑夏物             ↑オールシーズン物

 

最短即日 礼服喪服のレンタルなら「相羽」

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

このエントリーをはてなブックマークに追加