六曜と結婚式・お葬式の関係

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

六曜と結婚式・お葬式の関係

六曜と結婚式・お葬式の関係

六曜とは、中国から日本へと伝わった、日の吉凶を表すものです。六曜というより、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口、というほうが、分かりやすいですね。六曜によって、結婚式、お葬式の日程を決定する場合が、とても多いです。

六曜それぞれの意味

先勝(せんしょう)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。急ぐ方が吉であるという日。午前は吉、14時から18時は凶。

友引(ともびき)

「凶事に友を引く日」の意味。午前、夕方、夜は吉。正午は凶。

先負(せんぷ、さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。勝負事などは避けるべき日。午前は凶。午後は吉。先勝の逆の意味。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅ぼすような大凶日」

大安(たいあん)

「大いに安し」の意味。時間帯に関係なく、終日、吉。六曜の中で最も吉とされる日

赤口(しゃっこう)

新しいことは避けるべき日、慎む日。特にお祝い事は避ける日。

六曜と結婚式・お葬式

結婚式もお葬式も、行うことが禁止されている六曜があるわけではありませんが、結婚式は大安、友引、先勝の土日が人気です。特に大安は式場の予約も困難になっています。一年先までいっぱいという結婚式場も。やはり、人生の門出ですので、良い日を選びたいのが心情だと思います。礼服のレンタルでは、土日で大安がある週の注文は、土日に大安がない週の3倍ほど注文が入ります。大安で結婚式をした人の割合は25%以上というデータもあるようです。

お葬式は、友引を避けることが多いです。友引は「凶を友に引く日」ですから、避けるのも分かります。また、友引は、火葬場が休みの場合が多いので、それも、お葬式を行わない理由です。喪服のレンタルの統計でも使用日が友引の人は少ないです。

最後に

結婚式は大安が多いといいましたが、実は同じような割合で、結婚式をした六曜を覚えていない方もいらっしゃいます。それだけ気にしていない、ということです。最近では、古くから伝わるものを気にしなくなる傾向にあり、いろんなことが簡略化されます。もしかすると、礼服・喪服レンタルも、簡略化されたことの一つかもしれません。5年ほど前までは買うのが普通でしたので。

いずれにしても、古くから伝わるものと、時代の流れを上手にバランスをとるのが大切かもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧