喪服をレンタルしたい!ウエストが分からない場合の裏技!

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

喪服をレンタルしたい!ウエストが分からない場合の裏技!

喪服をレンタルしたい!ウエストが分からない場合の裏技!

喪服をレンタルする時に、必ず必要なのがサイズ選びです。自分はYA5?A5?それともBB7?サイズは身長×胸囲×ウエスト

で決められています。特に重要なのが、身長とウエストです。

しかし、どうでしょうか?身長は分かるけど、ウエスト分からないという方多くないですか?ご自宅にメジャーがあれば問題ないのですが、メジャーがない場合はどうすればいいのでしょうか?こうなるとサイズが決まらず、喪服レンタルもできません。

「心配いりません!いつも穿いているパンツを見れば、何とかなります!!」

 

S,M,L,LLのサイズ表記

自分のウエストが分からない場合でも、自分がいつもS,M,L,LL、どのサイズのパンツを穿いているか、分かる方は多いのではないでしょうか?

パンツの内側にタグが付いています。そこにS,M,L,LLのサイズ表記がある場合があります。これだけでは、結局分かりませんが、実は、メンズのアパレルの場合S=7274cmM=7678cmL=8082cmLL=8486cm程度に設定されています。私はアパレル業界に15年ほどいます。そのなかで、10以上のブランドを監督してきましたが、全てのブランドで、このようなサイズですので、ほぼ間違いないでしょう。

ジーパンしか持ってない、インチでのサイズ表記

いつもジーパンしか穿かないという方、旦那さんの分の喪服をレンタルしようとしたら、旦那さんが29,30などのインチしか言ってくれない方、心配いりません。ジーパンは基本的にウエストの大きさをインチで表記します。インチはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの6ヶ国が1958年に協定を締結し、使い始めた表記らしいです。きっと、ジーンズの起源はアメリカなので、インチで表記するんですね。では、どうやってウエストが分かるかというと、1インチ=2.54cmなのです。ですから、例えば30インチなら30×2.54cmとなり、76.2cmになります。

インチ 28 29 30 31 32 33 34
cm 71.1 73.6 76.2 78.74 81.28 83.82 86.36

これなら、分かりやすいですね。ひとつ、注意点として、ジーパンは穿いていると、かなりウエスト回りが大きくなります。ものにもよりますが、ワンサイズ程度大きくなっていると思います。購入後しばらく穿いているものだと、29インチでも30~31インチ程度に大きくなっていますので、お気を付けください。

44,46,48,50のサイズ表記

 ファッションブランドで稀にあるのが、4446,48,50のサイズ表記です。あまり馴染みがない表記ですね。これは、イタリアで使われる表記で、日本のブランドでも使用していることがあります。44=S46=M48=L50=LLになります。先程ご紹介した、S,M,L,LLのサイズ表記と照らし合わせると、44=7274cm46=7678cm48=8082cm50=8486cmとなります。

首回りとウエストの関係

 これは、喪服レンタルのサイズ選びとは関係ありませんが、番外編ということで。実は、ウエストの半分が首回りと同じなんです。いつも穿いているパンツのボタンを締め、首に巻いてみてください。ちょうどピッタリ一周になると思います。首がとても細い方やお腹がすごくでている方は、この法則から外れますが…。

私は、ウエスト72cmでワイシャツの首回りは38cmです。ワイシャツは実寸ピッタリだとボタンが閉まりませんので、+1.5~2.0cmを選ぶのがベストです。そう考えると36cmなので、ちょうど半分なのです。

最後に

これを読めば、ウエストcmが分からない方でも、喪服レンタルできると思います。困ったときの参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧