喪服をレンタル、貸衣装店VSネットレンタル

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

喪服をレンタル、貸衣装店VSネットレンタル

街で見かける貸衣装店。結婚式用のモーニング、留袖、成人式の着物、などお世話になった方も多くいらっしゃると思いますが、実は「喪服」もレンタルしているらしいのです。貸衣装店で喪服?あまりイメージもなく、しっくりきません。しかし、こんな情報を知ってしまっては、黙っていられません!

今回は街の「貸衣装店VSネットレンタル、三番勝負!」ということで、比較していきたいと思います。ポイントは…

 1、正確さ

2、スピード

3、価格

ではいきましょう!

1、正確さ

サイズ、商品セット内容の2つが重要ポイントです。

まずは、貸衣装店での喪服レンタルの場合、試着ができますので、自分の気に入らないサイズになることはありません。また、その場で商品セット内容を確認するため、間違える可能性はほぼないでしょう。2つのポイントでは悪いところが見つかりません。

では、ネットの方はどうでしょうか?サイズに関しては、実際にご試着いただけませんので、サイズ表の確認しかありません。ご自身の身長、ウエストが分かれば、的外れになることは少ないですが、それが、ぴったりというわけでもありません。商品セット内容に関しては、注文明細なるものがありますので、あまり間違えはないと思いますが、お店で直接手渡しよりは、可能性が増えます。

悔しいですが、「正確さ」では貸衣装店に軍配が上がりました。

〇貸衣装店 ×ネットレンタル

 2、スピード

 次の勝負はスピードです。喪服をレンタルする時にはとても重要な部分です。

貸衣装店では、来店してサイズを合わせれば、すぐに受け取れます。ネットレンタルは基本的に15時までのご注文で最速翌日到着です。…また負けの雰囲気がありますが、ちょっと待ってください。すぐにお店に行けるのは、仕事が休みの人だけです。実際に行けない人も多いはずです。ネットレンタルなら、スマホで5分で手続きは終わります。これなら、時間の取りにくい方も安心です。ということで、ドローです。

△貸衣装店 △ネットレンタル

 3、価格

レンタルされる方にはここが一番重要なのではないですか?安い方が勝ちです。貸衣装店で喪服をレンタルした場合、金額は上下で¥6,000程度のお店が多いです。それにワイシャツ、靴を足すシステムのお店が多いです。だいたい、ワイシャツ¥1,000、靴¥2,000程度です。トータルで¥10,000ほどですね。ここに関しては、ネットレンタル圧勝です。ネットレンタルなら喪服上下、ネクタイ、靴下のセットで¥4,800、喪服上下、ネクタイ、ワイシャツ、靴下、ベルト、靴で¥5,800(礼服・喪服レンタルの相羽の価格)です。そして、配送料は往復かかりません。貸衣装店の半分のお値段です。

×貸衣装店 〇ネットレンタル

 三番勝負の結果・・・     「この勝負ドローです!」

最後に

私の見解では、ドローです。近くに貸衣装店があって、サイズにこだわる方は、多少金額を出しても、貸衣装店で喪服を借りればいいでしょうし、サイズはこだわらない、着れればいい、安くあげたいという方はネットレンタルがおすすめです。どちらも良い部分、リスクの部分がありますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧