結婚式のスピーチ① ~主賓~

礼服・喪服レンタルの相羽
▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

結婚式のスピーチ① ~主賓~

結婚式では必ずあるスピーチ。今回は主賓のスピーチということでご紹介いたします。主賓とは、招いた方の中で最も主な人になります。新郎の勤務先の社長などが主賓にあたります。

スピーチは通常、1、お祝いの言葉2、自己紹介3、エピソード4、はなむけの言葉5、結びの言葉と流れていきます。

主賓のスピーチ

〇〇君、△△さん、そしてご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。

ただいま、ご紹介にあずかりました、××でございます。せんえつではございますが、皆様のお許しを願いまして、ひと言、お祝いの言葉を述べさせていただきます。

〇〇君は、私どもの会社の貴重な戦力でございます。私どものような、アパレル業界では、ファッション、人柄、生活スタイルに至るまで、お客様から憧れられるということが、他社との競争に打ち勝つカギとなります。その点〇〇君はお客様からの絶対的な信頼、社内での勤勉さ、新しいことへの探求心は、当社の強力な原動力となっています。

そんな〇〇君が、パートナー選びでも才能を発揮し△△さんという素晴らしい伴侶を見つけられました。お二人なら互いに高め合いながら、幾多の困難を乗り越えていけることと存じます。

〇〇君、△△さん、本当におめでとう。最高の幸福をお祈り申し上げまして、私からのあいさつとさせていただきます。

参考にしてください。ちなみに、主賓の礼服はディレクターズスーツがおすすめです。

 

以前もご紹介しましたが、ディレクターズスーツの基本スタイルは、黒または濃いグレーのジャケットに、グレーのベスト。それに縞のパンツを合わせます。略礼服のジャケットを使、ベスト、パンツを変えるスタイル。

 

 

 

出典:http://sansyudo.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧