静岡県で突然喪服が必要になったらレンタルがオススメ

礼服・喪服レンタルの相羽

▲▲ すぐに礼服・喪服が必要ならコチラ ▲▲

静岡県で突然喪服が必要になったらレンタルがオススメ

静岡県で突然、喪服が必要になったとき

喪服は利用頻度が少ないので、「長期間利用していない間に体系が変わってしまったので、以前使っていた喪服が着れない。」と言う方や、「単身赴任中なので、喪服を持ってきていない。」と言う方等、喪服が必要になったのに、必要になってから準備をしなければならない人もいるはずです。葬儀へ参列する場合、短い時間で用意しなければならないという問題も発生します。

このような場合、静岡では、喪服レンタル店が数多くありますので、喪服レンタルを利用することをオススメします。喪服レンタルにおいては、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。しかし、喪服が突発的に必要になったときは、喪服レンタルのデメリットの要素を差し引いても、喪服はレンタルした方がお得なので、ぜひとも利用してもらいたいサービスだと思います。

最近では、喪服のレンタルはインターネットでも依頼することができますので、インターネットでの喪服レンタルサービスを利用するメリットとデメリットについても、紹介したいと思います。

静岡県の喪服店でレンタルする場合のメリット

静岡県で喪服のレンタルサービスを行っている店は限られますので、レンタルの手順や利用料金等を事前に良く調べた上で予約するようにしましょう。

まずは、喪服店でのレンタルを利用するメリットについてです。1つ目は、短期間で喪服のセットを用意することができるという点です。葬儀への参列の場合、香典やお花の準備等、喪服の準備以外にもやることがたくさんあります。 喪服のセットをすぐに用意できると他の用事を片付けることができ、非常に便利です。

2つ目のメリットは、実際に試着してレンタルできるということです。大体の場合、普段自分が着ているサイズを選択すれば、問題無く利用することができます。しかし、利用する人の体系や好みによって、ジャストフィットしない場合もあります。

長時間同じ姿勢を取り続けなければならない場合も有ると思います。実際に試着してサイズを確認しておけるので、葬儀中にサイズがきつくて苦しい等といったことを防止できます。また事前に手に取って汚れや傷などが無いかを確認することができます。

静岡県の喪服店でレンタルする場合のデメリット

続いて、デメリットについてですが、1つ目は喪服レンタルを行っている店が限られるということです。店舗の在庫状況により、自分の必要なサイズの喪服をレンタルできない場合があります。この場合は、各店舗に在庫状況を確認する必要がありますので、手間になります。

静岡では、閉店する貸衣装店が増えてきているので、貸衣装店を探すことができず、当日レンタルが厳しい場合も有ります。2つ目のデメリットは、レンタル品が清潔に保存されていない場合があるということです。私が静岡の貸衣装店で以前レンタルしたとき、汚れの目立つ喪服が店舗に保管されていたのを発見したことがあります。

汚れた喪服を着ていくのは気分の良いものではないです。しっかりと自分の目でレンタルする喪服を確認したいという人は、お店に直接借りに行くと良いと思います。

インターネットでレンタルする場合のメリット・デメリット

現在では、インターネットで様々なものをレンタルすることができますが、喪服もレンタル可能です。インターネットでのレンタルサービスを利用するメリットの1つ目は、時間に関係なく簡単に注文できるという点です。ホームページ上のオーダーフォームに、入力するだけで、指定した場所に喪服を届けてくれます。

支払いもカード決済が可能な場合が多いので、レンタル費用を準備しに行く手間を省くことができます。サイズもスリムスーツ、標準体型、ゆったりサイズ、大きめサイズ等、幅広くそろえています。このため、店舗レンタルでは、自分に必要なサイズの商品が貸し出し中のため、借りられないというトラブルも発生しません。

2つ目のメリットは、レンタル費用がリーズナブルであるということです。静岡の貸衣装店では、男性用喪服は、当日レンタルで6,000~15000円、女性の場合は、8000~15000円くらいのところが多いのですが、インターネットサービスでは、4,000円からレンタル可能です。送料込みの価格設定になっているので、店舗レンタルより費用を抑えることができます。

次にデメリットについてです。1つ目は、当日に喪服を用意できないということです。インターネットレンタルでは、翌日到着という場合があるので、喪服が当日必要になった場合には、利用できないです。また遠隔地の場合は天候不良、交通渋滞等で配送が遅れる場合もあるので、この点についても注意が必要です。

2つ目のデメリットは、届いたレンタル品を傷つけてしまった場合、自己負担で修繕しなければならない点です。レンタルには、保証プラン付きのコースも用意されているので、価格帯のみで判断せず、プラン内容をしっかり確認しましょう。

まとめ

静岡では、貸衣装店が少なくなってきていますが、突然喪服が必要になった場合には、購入するよりもレンタルサービスを利用した方が、スムーズに喪服を利用できます。しかし、あくまで突発的に喪服が必要になったときだけ利用する様にしましょう。現在は、喪服も安価なものであれば、1万円程度で購入することができます。

繰り返しレンタルサービスを利用される方は、思い切って購入しておくことをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ内 記事一覧